予備校に通ったことで医学部に合格したので浪人したかいがあった

浪人をしてもう一度医学部を目指すことにした

最初に医学部受験をした時は、ギリギリまでどうするか悩んでいただけに見事に玉砕をしてしまいました。
元々、医者になりたいと思っていたわけでもなくいい加減進路を決めなければならないという段階になって、ようやく決めただけに時間的な猶予がなかったのです。
全く駄目だったらあきらめも付くのですが、ギリギリだった割にはいい線だっただけに余計に悔しい思いが残り浪人をしてもう一度医学部を目指すことにしたのです。
浪人をすれば時間的にかなり余裕ができますし、学校の勉強をする必要がありませんから受験一本に絞ることができます。
ただし、時間的に余裕がありすぎるのも困りもので、自制がきかないとダラダラ過ごしてしまいますからそうなると苦しいかなと思っていました。
二浪をする気まではありませんでしたから、とにかくこの一年だけが勝負と思い時間を無駄にしないようにするために、予備校に通うことになりました。
その時は高校の頃に進路を決めるのが一年あるいは半年早ければその段階で予備校に通って、なんとかなっていたのではと思ってしまったわけですが、過ぎてしまったことを悔やんでも仕方ありません。
二度同じ過ちを繰り返すことはしないと心に誓って、悔いのない受験を目指すことにしました。

おもしろきこともなき世の中をおもしろく
By高杉晋作

— 医学部予備校紹介センターbot (@Igakubuouen) 2018年4月14日

浪人をしてもう一度医学部を目指すことにした | 一番合格に近いクラスに入ることができた | 予備校に通ったかいがあって本当に良かった

医学部 予備校医学部受験予備校メディカルラボ